不要になった廃車を処分する際の料金の確認をしましょう

男女
  1. ホーム
  2. 修理せずに売ることが大切

修理せずに売ることが大切

車

修理代金で損をする

故障車を買取してもらうときに悩むのが、修理した方が良いのかそのままの状態が良いのかということです。修理した方が故障した状態よりも高く査定されいます。しかし、修理代金でかかる費用を考えると修理せずに故障した状態で査定に出す方が圧倒的に得をすることになります。故障車は査定したときに、故障していない車よりも査定額が減ります。これは疑うことのない確かな事実です。修理した方が高く査定されることも事実ではありますが、修理代金の差額分でとても損をすることになってしまいます。修理代金に数十万円もかけてしまうと、査定をした額から修理代金を差し引いたときに、故障車で査定した額よりも低くなることがほとんどです。故障車を買取業者に査定してもらうときには、修理は行わないように気を付けましょう。

誠実さが必要

故障車を買取業者に査定してもらうときに、後ろめたさを感じる人が少なくありません。故障した車が本当に売れるんだろうか、売れたときに騙したことにならないだろうか、と不安に感じる人がいます。不安に感じるあまり嘘をついてしまうこともあるでしょう。買取業者というものは、車を目利きするプロです。査定する車の細部まで確認して、適切な査定額を出してくれます。故障した個所も必ず見つけることができるので、誤魔化すことはできません。査定を依頼するときに故障した個所を自己申告しておくと、業者の印象を良くすることができます。嘘をついてしまうと査定後に交渉をするときに難しくなってしまいます。誠実であることが高額で査定されることに最も必要とされることだといえるので、嘘をつかずに本当のことを伝えましょう。